「やさいクリーム」を店舗で販売していただけませんか?

「砂糖をいっぱい使ったジャム」ではなく、
「野菜をたっぷりつかったクリーム」を。

カフェで過ごす「余白のある時間」は、健康や未来を考えるのに最適な時間。
パン屋で買った食パンは、いつもより贅沢な朝食、おやつを演出します。
やさいクリームは「忙しい朝の時間」や「のんびり過ごす息抜きの時間」に
自然な「彩」を加えます。

「やさいシリーズ」はラオスの農村と
日本のローカルの課題を解決する

私たちShare Re Greenは、
「暮らしに農を添加して、つながりの経済を醸成する」ことを目指しています。
Share Re Greenは、
2010年からラオス人民民主共和国のフォーサイ村という農村で
学校の改築などの教育関連の協力活動をおこなってきました。
2021年より、農村の教育インフラの運営維持費創出のために
「やさいクリーム・やさいパウダー」を現地で製造販売する
「YASAI」プロジェクトを実施します。
「やさいクリーム」は、そのファースト・ステップ。
まずは日本で、「やさいクリーム」や
「やさいパウダーをつかったレシピ」を
カフェやパン屋さんとともに開発し、
レシピのポートフォリオをつくります。

やさいクリームで描くつながりの経済圏

やさいクリームは、新規就農者の方が農薬を使わずに育てた
野菜を原料の一部とし(将来的には100%)
生産者である農家に寄り添い、
農や社会・地域を大切にするお店で販売し、
地のものや少量生産のものに魅力を感じる消費者に購入してもらい、
お互いがお互いを応援し合うことを理想としています。

プロジェクトに少しでも共感していただける
カフェ・パン屋等のオーナーさんへ

ぜひ「やさいクリーム」を店頭に置いて販売してください。
まずは、0円でサンプル(130g)をお送りしますので、
お試しください(送料はご負担ください)。
気に入っていただけましたら、10個単位のセットがお買い得です。